慣例が合わない仲間との温泉旅立ち

近しいお仲間って自家用車で1時間くらいの所に残るエステに1泊トリップをめぐって来ました。
教え子の内から仲よしでしょっちゅう一緒に行動していた超仲良しのお仲間だ。
初めての1泊トリップだったので実際売りでした。
宿屋の風土も古風で大いに清潔的素敵な宿屋でした。
もう気分はマックスおかしい!
はずだったのに、お仲間が客間に案内してもらって一休みしていた期間
大きなおならをしました。次いで知らん振りだ。
お茶を呑みながらお茶菓子を食べていたら、今度は大きなゲップ。
もう私の盛り上がりが下がってきました。
夕食前に魅力だったエステに入ったのですが、そっちも手拭いで隠さず
中年の様に股を広げて「お先〜」と言いながら早速エステを出て行ってしまいました。
そうして夕食も済んで腹もいっぱいになりお酒も飲んで良い気分になった店で
仲間は凄いイビキをかいて寝ていました。
しかも太っているので暑いと言い出し冷房を18度に設定して、また寝てしまいました。
その夜中は、友達のイビキの煩さと院内の寒さで眠れなくて次の日の私の目の下には
クマができて全くエステの影響が得られず帰りました。
帰りの自家用車のオペレーションも自分だ。寝不足でイライラしていた自分に仲間は
「なぜジリジリしてるの?」
と言いました。既に、貴女は一緒にトリップ行かな〜い!ぬきすと動画はこちらがおすすめ